Introduction

ご紹介が可能な高度医療機関と医師

Royal Club300 のメンバーに専門的な治療が必要になったとき、
日本を代表する高度医療機関と各分野の名医をご案内する環境を整えております。

順天堂大学医学部附属順天堂医院
所在地 東京都文京区本郷3-1-3
URL https://www.juntendo.ac.jp

順天堂大学医学部附属順天堂医院

日本でいち早く西洋医学を採り入れた医学塾として1838年に開設。
何よりも患者様に優しく、安全な高度医療を一貫して提供し続けています。

順天堂医院が行っている最先端医療一覧

  • ・角膜ジストロフィーの遺伝子解析
  • ・ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法
  • ・コレステロール塞栓症に対する血液浄化療法
  • ・パクリタキセル静脈内投与(1週間に1回投与するものに限る)及びカルボプラ
    チン腹腔内投与(3週間に1回投与するものに限る)の併用療法
  • ・家族性アルツハイマー病の遺伝子診断
  • ・難治性高コレステロール血症に随伴して重度尿蛋白を呈する糖尿病性腎症に対す
    るLDLアフェレシス療法
  • ・MRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法
  • ・ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)
    JCI認証取得(※1)
慶応義塾大学病院
所在地 東京都新宿区信濃町35
URL http://www.hosp.keio.ac.jp

慶応義塾大学病院

1日約3000人が来院する国内最大級の医院。
初代病院長の北里柴三郎博士の志「学内は融合して一家族の如く」を継承し、分野の垣根を越えた診療をおこなっています。また、病院の理念を「患者様に優しく患者様に信頼される患者様中心の医療を行います。」とし、医師、看護師、薬剤師、メディカルソーシャルワーカーをはじめとした全ての医療スタッフが協力してチーム医療を行っています。
1992年7月施行の医療法改正により、高度医療を提供する大学病院が「特定機能病院」扱いとなりました。慶応義塾大学病院も1994年2月に承認を得て特定機能病院として運営されています。
特定機能病院とは、高度な医療を提供するとともに、その高度医療に関する研究・開発・評価・研修などを行う機能を有する医療機関と定めています。

虎の門病院
所在地 東京都港区虎ノ門2-2-2
URL https://toranomon.kkr.or.jp

虎の門病院

「医学への精進と貢献、病者への献身と奉仕を旨とし、その時代時代になしうる最良の医療を提供すること」という理念を掲げています。
これは言い換えるなら、「医療と社会の理想的なつながり方を模索し続ける」ということです。当院は「臨床」「予防」「教育」「研究」という4つの柱をもって、この姿勢を守り・維持し・発展させたいと考えています。
ガン総合診療部設立や、強度変調放射線治療(IMRT)専用の治療装置であるラディザクトによるオーダーメイド治療を行うなど、新しい取り組みに積極的な医院です。

東京ミッドタウンクリニック
所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー6F
URL https://www.tokyomidtown-mc.jp

東京ミッドタウンクリニック

プライバシーと快適性を重視した医療を希望される方々のためにエグゼクティブ医療サービスを行っている医院です。
CT、MRIなど充実の医療機器によるプレミアム人間ドックをはじめ、高精度健診をご提供しています。ご来院からお見送りまで担当看護師・コンシェルジュがご案内し、快適かつスムーズに検査を受けていただくために多方面でサポートいたします。
さらに、会員制サービス(グランドハイメディック倶楽部・プライベートドクター)をご利用の方は、会員専用外来にて各種医療相談や保険診療の枠に捉われないオーダーメイド医療のご相談も承っております。健康・病気に関係するあらゆるご相談に対応したいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。
担当医師は、ゲストの方のライフスタイルや価値観に合わせたメンタルケアまで、ご相談を承ります。
JCI認証取得(※1)

東京慈恵会医科大学付属病院
所在地 東京都港区西新橋3-19-18
URL https://www.hosp.jikei.ac.jp

東京慈恵会医科大学付属病院

「病気を診ずして 病人を診よ」

東京慈恵会医科大学の理念であるこの言葉は、病んでいる「臓器」のみを診るのではなく、病に苦しむ人に向き合い、その人そのものを診ることの大切さを表しています。
患者様を第一に考える医療。それは、患者様のQOL(生活の質)を最優先にとらえ、その人らしい生活を送ることができるよう、全面的にサポートする医療のこと。それを実践するために、慈恵大学病院ではさまざまな病に対応するチーム医療の体制を整備しています。
4つの附属病院(本院、葛飾医療センター、調布狛江の第三病院、千葉の柏病院)があり、在宅医療や救急医療など、それぞれの地域性に応じて異なる特徴と機能を持っています。

大阪大学医学部付属病院
所在地 大阪府吹田市山田丘2-15
URL https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp

大阪大学医学部付属病院

1869年、大阪府が大福寺に仮病院・医学校を設立した際、洪庵の嗣子緒方惟準、義弟郁蔵、養子拙斎らがこれに参加。この医学校は、後に幾多の変遷を経て現在の大阪大学医学部となった。阪大病院の理念は緒方洪庵の思想を受け継いでいます。
大阪大学医学部附属病院では、 職員一人ひとりが、また各部局それぞれが、安全な医療の実践に真摯に取り組むと同時に、病院全体が包括的に医療安全管理及びその推進を行っています。
患者様の立場にたち、人種、宗教、経済的、社会的背景によらず患者様が安心して医療を受けることができる環境 を整えるよう努力を常に行っています。

がん研有明病院
所在地 東京都江東区有明3-8-31
URL https://www.jfcr.or.jp

がん研有明病院

がん研有明病院では、各診療科それぞれが責任をもって診断・治療を行っていますが、病院全体としては、患者様1人1人のために、病院の最高の機能が発揮されるようなシステムをとっています。患者様が専門家を渡り歩くのではなく、患者さんを中心に専門家たちが集合する医療システムです。例えば診断のためのユニットとして、中央検査部や診断部があります。
大型高度先進機器による画像診断などは、放射線科の医師及び技師が中心となるものの、それぞれの専門科からの医師の乗入れがあり、各分野の専門性が活かされています。
治療部門は、外科手術・放射線治療それにがん化学療法などが主な柱となり、それぞれに対応して手術部・中央診断治療部(放射線治療科など)、および化学療法科などが一体となって、最も患者様に適した治療法を選んでいます。

愛生会山科病院
所在地 京都市山科区竹鼻四丁野町19-4
URL https://aiseikaihp.or.jp/

愛生会山科病院

愛生会山科病院は、思いやりのある暖かい医療と看護をモットーに、発展を続ける山科地域の中核病院として、地域住民の保健と医療、福祉を守るため地域への医療提供を行っています。
高齢化社会へ急速に移行している中にあって、訪問看護ステーション、在宅介護支援センター、介護老人保健施設等を開設し、多様な医療・福祉ニーズにも応えています。
また、開放型病床を持ち地域連携の強化や救急医療への積極的な取組みにより、「いつでも、どんな時でも」安心して医療が受けられるネットワークを作り、地域社会から“信頼される病院”患者様からも“心暖まる病院”であることを目標に医療活動を行っています。

京都大学医学部付属病院
所在地 京都市左京区聖護院川原町54
URL https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp

京都大学医学部付属病院

京都大学医学部附属病院は1899年に設立され、2019年に創立120周年を迎えました。「患者様中心の開かれた病院として、安全で質の高い医療を提供する」「新しい医療の開発と実践を通して、社会に貢献する」「専門家としての責任と使命を自覚し、人間性豊かな医療人を育成する」の基本理念を元に、安全安心な医療の提供に取り組んでいます。
京大病院の手術件数は、全国国立大学病院のなかで屈指の多さを誇り、質・量とも他の追随を許さない最先端治療環境にあります。
手術部においては、より低侵襲で安全な手術を可能とするシステムとして、全国でも数多くの施設で整備されている手術支援ロボットダヴィンチやカテーテルインターベンションを組み合わせたHybrid ORなどは無論のこと、高磁場術中MRI装置や、京大病院にしかないポータブルCTをもちいた高規格ナビゲーションシステム完備の手術室が稼働しています。

九州大学病院
所在地 福岡市東区馬出3-1-1
URL https://www.hosp.kyushu-u.ac.jp

九州大学病院

九州大学病院は、「患者様に満足され、医療人も満足する医療の実現を目指す」ことを理念に掲げています。現在病床数は別府病院も含めて1,415、1日の平均外来患者数は3,000人を上回り、3,300人以上の職員が働く、国立大学病院のなかでも最大規模の病院となっています。診療・研究・教育のすべてにおいて、日本の医療を牽引している病院です。
高度医療を担う西日本地域の中核病院であり、国立大学病院として、最新・最善の医療を安全に提供することを使命としています。今後さらに、国が主導する仕組みと連動しながら、広域医療圏の拠点としての役割を担っています。
九州大学大学院医学研究院に新設された「プレシジョンメディシン研究センター」と連携しながら、がんゲノムの分野でも日本をリードしています。九州大学病院は移植手術の分野のリーダーでもあります。造血幹細胞移植と肝移植、腎移植の手術症例数はいずれも全国トップクラスであり、移植医療の拠点病院になっています。

彩都友絋会病院
所在地 大阪府茨木市彩都あさぎ7丁目2-18
URL http://www.saito-yukoukai-hp.jp/

彩都友絋会病院

彩都友紘会病院は、『人に寄り添うひらかれた病院』を理念とし、大阪府茨木市と箕面市にまたがる国際文化公園都市「彩都」において2007年9月に、西日本初の「がん治療」に重点を置く民間病院として開院しました。
「なるべく切らずにがんを治療する」のが当院のテーマであり、最新の放射線治療装置を始めとする設備を導入しています。
患者様への癒しの一助となるように天文台や屋上サンルームなども備え、病院外観や内装にも工夫を凝らし、ホテルのような暖かみのある建物が当院の特長となっています。

昭和大学病院
所在地 東京都品川区旗の台1-5-8
URL https://www.showa-u.ac.jp

昭和大学病院

昭和大学病院の思想的な柱は、「患者様本位の医療」「高度な医療の推進」「医療人の育成」という三つの理念があり、地域の基幹病院として、高度な医療を提供する高度急性期病院としての役割を担っています。
「専門的な診療、検査」「入院の受入れや手術」「救急様の受入れ」などを行っており、昭和大学病院で治療後、治療や状態が安定されましたら昭和大学病院よりかかりつけ医に紹介させていただき、治療を継続していただきます。
また、病状が悪くなったとき、入院治療が必要になったときには昭和大学病院が診療に当たらせていただきますのでご安心ください。

神戸大学医学部付属病院
所在地 神戸市中央区楠町7丁目5-2
URL https://www.hosp.kobe-u.ac.jp

神戸大学医学部付属病院

神戸大学医学部附属病院は、1869年に設立された神戸病院を前身として、兵庫県立病院、県立医科大学、国立大学病院(920床)へと発展し、2014年からは国立大学法人の病院として運営されています。設立当初から地域に根差し、地域医療に貢献することを使命の一つとし、1994年には特定機能病院、2007年にはがん診療連携拠点病院となり、関西医療圏においてその中核としての診療機能を担っております。
設備においては、最先端の医療機器を可能な限り導入し、人、設備も含めた医療の質の向上にも力を注いでいます。2014年には、低侵襲棟が建設され、新しく、手術部、腫瘍センター、光学医療診療部、総合周産期母子医療センター、放射線部、病理部などの運用が開始されました。
病院の基本理念として、患者中心の医療の実践を第一にあげ、患者様の目線に立った、高度で安全な医療を提供することを最も重要な使命としています。

聖路加国際病院
所在地 東京都中央区明石町9-1
URL http://hospital.luke.ac.jp

聖路加国際病院

創設者ルドルフ B トイスラー先生が1933年に作成・宣言された下記のMission Statement(病院の業務目的)を強く意識して管理運営されています。
創設者ルドルフ B トイスラー先生が1933年に作成・宣言された下記のMission Statement(病院の業務目的)を強く意識して管理運営されています。
当院におけるQIを用いた医療の質改善は、2015年8月の『OECD Reviews of Health Care Quality JAPAN』報告書において高く評価され、同年10月には、米国シカゴにおいて国際病院連盟会長賞を授与されました。また、2012年以来、国際的な病院評価機構であるJCI(Joint Commission International)の認定を3年毎に受け、世界のトップクラスの病院で行われている医療安全と質向上への取り組みが当院でも行われています。

大阪医科大学付属病院
所在地 大阪府高槻市大学町2-7
URL http://hospital.luke.ac.jp

大阪医科大学付属病院

大阪医科大学付属病院は852床の病院として30の診療科と14の中央診療部門を1,800人余の病院スタッフが支えています。中央診療部門には中央放射線部や中央手術部、集中治療部、救急医療部などの他、化学療法センター、消化器内視鏡センター、周産期センター、血液浄化センターの4つのセンターが属しており、これらは診療科からは独立して診断と治療に当たっています。
また、がん医療総合センターを2013年6月に立ち上げ、臓器横断的・診療科横断的ながん治療が可能となりました。2018年4月にはがんゲノム医療連携病院に指定され、2019年4月には全国に14施設しか認定されていないがん診療拠点病院「高度型」を取得しました。
高度急性期医療のみならず、2015年7月には三島南病院を開院し、一般急性期・回復期・慢性期病床を担う施設として患者様を受け入れております。本院で治療を受けられた患者様が退院後に安心してご自宅で過ごされますように、訪問看護ステーションや難病総合センターを整備しています。

大阪国際がんセンター
所在地 大阪府大阪市中央区大手前3-1-69
URL https://oici.jp

大阪国際がんセンター

大阪国際がんセンターでは、がんの診断から入院、治療、退院、術後の診察という病院で行う治療に留まるだけではなく、患者様を取り巻く社会、企業までを巻き込み、患者様の生活環境を改善することで、がんストレスを軽減することができると考えています。
そのために新センターでは、がん就労相談の窓口を設けるなど、「働きながらのがん治療」への取り組みも強化し、その実現を目指しています。
前立腺がんには、ロボットを用いた「ダヴィンチ支援腹腔鏡下手術」も確立されています。これら先進の医療と高度医療機器を駆使し、患者様の苦痛や恐怖心、そして身体への負担を少しでも軽減する治療を実施していきます。

大阪市立大学医学部付属病院
所在地 大阪市阿倍野区旭町1-5-7
URL https://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp

大阪市立大学医学部付属病院

大阪市立大学医学部付属病院は、大阪市内唯一の大学病院であり、地域医療における中核病院として、高度な総合医療機関の役割を担っています。厚生労働省より、地域がん診療連携拠点病院として指定を受けており、がんの新たな診断法・治療法の開発を推進しています。
37の診療科、972の病床を有し(2018年4月現在)、医師・看護師・コメディカル等、様々な職種が、患者様を多角的に支援できるよう日々業務に励んでいます。また、入退院支援センターやがん相談支援センター等、環境づくりにも力を入れております。
厚生労働省が承認する先進医療について、骨髄細胞移植による血管新生療法をはじめ13件の承認を受け、MEG(脳磁計)やリニアック(体の外から放射線を照射し、腫瘍の治療を行う装置)の導入、 最近では、最新鋭の3テスラのMRI、PET-CT(PET機能(糖代謝)画像とCTの形態画像との融合画像により病巣の発見・診断能力を高めた装置)や 64列マルチスライスCTなどを新たに導入しております。先進医療をさらに発展させるとともに、診療・教育・研究体制の抜本的な改革に積極的に取り組んでいます。

大阪府済生会中津病院
所在地 大阪市北区柴田2-10-39
URL http://www.nakatsu.saiseikai.or.jp

大阪府済生会中津病院

大阪府済生会中津病院は、2016年で創立100周年を迎えた大型総合病院です。現在32の診療科に約200名の医師が勤務しており、幅広い疾病の患者様の診療にあたっています。中でも、がん診療と急性疾患診療は最も注力しています。
がん診療支援センターを設けており、外科手術、化学療法、放射線治療、いずれにおいても豊富な治療件数を有し、単独治療のみならず集学的治療を積極的に行っています。さらには、患者様の目線に立ったがん相談や緩和ケア相談にも取り組んでいます。一方で、脳・心・血管疾患や、近年増加している肺炎、骨折などの急性疾患に対し、救急医療の充実、集中治療体制の整備など、地域における急性期病院としての役割強化に努めています。
急性期病院として、大学病院と同等の機能を持つと国が定めたDPC特定病院群(旧II群病院)に2016年に認定されています。

東京女子医科大学病院
所在地 東京都新宿区河田町 8-1
URL http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/

東京女子医科大学病院

東京女子医科大学病院は、大学法人の建学の理念「至誠と愛」の下、患者様の視点に立って、安全・安心な医療の実践と高度・先進な医療を提供することを基本方針としています。
特に医療安全に注力し、医療安全に対する病院全体の認識を高め、関係各部門による連携体制の構築、有効かつ迅速に機能するシステムの構築とその運用などに取り組んでいます。
診療面では、術後感染症が少なく入院期間も短いロボット支援手術の積極的な活用(腎臓がん、胃がんなど)、脳神経病変を「切らずに治す先進的治療」であるガンマナイフ治療などの先進医療をはじめとして、医療の質向上に向けて常に邁進しています。

※1 JCIとは U.S.Aの医療分野における「医療の質と患者様の安全に関する継続的な改善」に関する第三者評価認証機関である
The Joint Commissionの国際部門として、1994年に設立された非営利組織Joint Commission Internationalの略称。

天野 篤

Atsushi Amano天野 篤

順天堂大学医学部附属順天堂医院教授

日本大学医学部卒業

心臓血管分野において、日本有数の医師。特に冠動脈バイパス手術の専門家としてこれまに8,500例の心臓手術を手掛ける。亀田総合病院心臓血管外科医長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授を経て現職。2012年に今上天皇の冠動脈バイパス手術の要請を受け見事に大役を果たす。

草野 敏臣

Toshiomi Kusano草野 敏臣

医療法人社団ミッドタウンクリニック理事長

長崎大学医学部卒業

35年以上にわたり癌治療に携わり、肝臓・胆嚢・膵臓といった発見と治療が困難な領域の第一線に立つ。国立がんセンター外科レジデント、琉球大学医学部第一外科助教授、米国カルフォルニア大学サンフランシスコ校外科客員教授を経て、医療法人社団ミッドタウンクリニック理事長に就任。

澤 芳樹

Yoshiki Sawa澤 芳樹

日本再生医療学会理事長

大阪大学医学部卒業

心臓移植、補助人工心臓治療のエキスパートとして、また再生医療を用いた治療開発に力を注ぐ。フンボルト財団奨学生としてドイツMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門留学、京都大学iPS細胞研究所特任教授等を経て、大阪大学医学部付属病院心臓血管外科教授、日本再生医療学会理事長、日本胸部外科学会理事長など兼任。

鈴木 健司

Kenji Suzuki鈴木 健司

順天堂大学医学部附属順天堂医院教授

防衛医科大学卒業

年間200例以上を手掛ける肺がん手術の権威。US navy潜水医学課程修了、国立がんセンター中央病院呼吸器外科医長を経て現職。熟練した技術で非常に難度の高い手術をこなすことでも知られる。メスで肺がんを切り取る手術を最も得意とし、尚且つ、体への負担を可能な限り減らす高い技術を日々追求し執刀している。

中村 仁信

Hironobu Nakamura中村 仁信

中村 仁信

大阪大学医学部卒業

国立大阪病院放射線医師、大阪大学医学部講師、米国・オレゴン大学医学部放射線科留学、大阪大学医学部助教授、同教授、同大学大学院教授(放射線医学)などを経て、09年4月医療法人友紘会彩都友紘会病院長に就任。日本医学放射線学会専門医、日本医学会幹事、日本医学放射線学会理事、日本IVR学会理事。

吉村 浩太郎

Kotaro Yoshimura吉村 浩太郎

自治医科大学 形成外科学部門教授

東京大学医学部医学科卒業

組織再生、加齢変化のための再生医療研究の権威。東京大学形成外科、米国ミシガン大学形成外科を経て自治医科大学形成外科学部門教授。「培養細胞移植による毛髪再生治療」「脂肪組織を材料とした再生医療」など、先進的な低侵襲治療の研究に高い注目を集め、美容再生医療分野において大きな役割を果たしている。